5.成績表自動集計プログラム(Excel-VBA)


【概要】
Excel-Wordの連携(=差込み印刷)により成績表を印刷されている学校は少なくありません。
しかし、その差込みを行う際に元となるデータファイルは複数に跨ることは許されず、素点データや観点別データを各教科担当者から集めてくる”統合(マージ)”という作業が必ず発生します。
できるだけ1つのファイルで管理しようと思えば、ファイルを2重に開いたり、入力したはずのデータが上書きされてなくなった・・・とか。結構事故が発生しています。

これを回避するべく、各学年、各教科毎にExcelファイルを作成しておき、各教科担任の先生方で入力してもらいます。
あとは、どのファイルの、何というシートの、何列目に、そのデータがあるかを定義し、「Start」ボタンを押せば、指定したファイルへ集約され、一覧表が自動作成されます。
その後成績表印刷はこのデータを元に、Wordの差込み印刷機能を使用し印刷いただければOKです。

統合による手間や人手を介するミスを軽減し、部分的な修正にも即対応できることが最大の魅力です。

【動作条件】
Microsoft−Excel(2003以降のVersion)
プリンタ出力用画面
友達に伝える



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが アルファ・リスク・システムズ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
サイト情報
サイト管理者

SYDE
 


ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録