9.出欠状況確認システム(Excel-VBA)



【概要】
この「出欠状況確認システム」は各クラスの出欠状況を瞬時に把握するためのシステムです。
元データは、別ファイルに「出欠状況確認票」として保存されています。このデータから指定された月・日での出欠状況を記入しておき、システムで各クラスのシートを巡回して周り、「A型(インフルエンザ)」で欠席。「B型(インフルエンザ)」で欠席。「熱」で欠席。「?(その他及び、確認時は不明)」。のクラス毎に各人数をカウントします。
次期ヴァージョンでは、「遅刻」「早退」や「A型」「B型」以外の傷病名を選べるなどに対応し、教務の先生が扱うデータと、養護の先生が扱うデータとの共有を図りたいと思っています。
【動作条件】
Microsoft-Excel(2003以降のVersion)
プリンタ出力用画面
友達に伝える



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが アルファ・リスク・システムズ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
サイト情報
サイト管理者

SYDE
 


ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録